薄毛,育毛,育毛剤,育毛シャンプー,頭皮ケア

薄毛にお困りの方専門サイト

まずは頭皮の状態を把握するのが大切です

抜け毛が増えてきた、髪が細くなってきたと悩む人のほとんどは髪そのものに注目していますが、髪に注目する前に、自身の頭皮の状態をじっくり観察することが大切です。
頭皮の状態を観察、理解し、改善することが、よい髪を育てる基本となります。

 

頭皮が皮脂でベタベタしているタイプは、皮脂が過剰に分泌し、髪の成長を阻害しています。
この皮脂をある程度取り除いてからでなければ、育毛剤の効果は期待できません。

 

頭皮が赤いタイプの人は、何らかの炎症を起こしている可能性があります。
今使っているシャンプーの成分にアレルギー反応を起こしているのかもしれません。
この場合、洗浄力の強いシャンプーでなく、敏感肌用の刺激の少ないシャンプーを選ぶべきです。

 

また、炎症を起こしているわけでもないのに頭皮が赤い場合、その原因は、頭皮の血行不良が考えられます。
頭皮の場合、赤いから血行がよいとはいえません。健康な頭皮は青白い色をしています。
睡眠不足や、喫煙、過度のストレスは頭皮の血行を悪くします。

 

頭皮に湿疹ができている、カサカサしたかさぶたのようなものができるタイプは、脂漏性湿疹、残留シャンプーアレルギーの可能性があります。
まずは、シャンプーのすすぎをしっかりすることが大切です。
それでも治らない場合は、皮膚科で薬を処方してもらいましょう。
脂漏性湿疹の原因は、シャンプーや整髪料などの外的な刺激以外に、食生活の乱れが考えられます。
特に、ビタミンB群摂取が不十分になると、湿疹が現れやすく、治りにくくなります。
食生活を改善するのが一番ですが、難しい場合は、サプリメントで補う方法もあります。

 

頭皮の環境を正常に整えてはじめて育毛の効果があらわれます。
当たり前のことですが、健康的な生活が健康な頭皮を作ります。

育毛におけるアミノ酸系のメリットとデメリット

最近はシャンプーも高級志向になってきたといえるのではないでしょうか?
その理由としてはやはり、頭皮環境の健康、育毛や発毛を重要視する人が増えてきたからといえるでしょう。
そんなヘアケアについて考える人に人気なのがアミノ酸系シャンプーになります。

 

■アミノ酸シャンプーとは
そもそも一般的なシャンプーは高級アルコールシャンプーともよばれ、洗浄成分に合成界面活性剤などがはいっていることがほとんどになります。この合成界面活性剤というのは、とても汚れがおちるのですが、それはお肌などのバリアを壊しているため、汚れが落ちて当然ともいわれており、汚れが落ちる以上のダメージをお肌、そして内蔵に与えているということが最近言われている点なのです。

 

このように洗浄成分などに不安を持つ人が選んでいるのがアミノ酸系シャンプーになります。
これは、お肌の組織と同じアミノ酸の洗浄成分を使用することで、とてもお肌に低刺激で、負担が少なく洗っていけるということになるのです。

 

■アミノ酸シャンプーのメリット
育毛のことを考えていくのであれば、アミノ酸シャンプー、もしくはアミノ酸系の育毛シャンプーにしていきたいところです。ではなぜアミノ酸シャンプーが良いのでしょうか?
・皮脂を摂り過ぎない
男性などは皮脂をとりたいと思われるかもしれませんが、皮脂はすべてが悪なわけではありません。一定量は必要になりますし、取り過ぎると乾燥、かゆみなどをうみます。
また、取り除き過ぎた結果余計に皮脂がでる原因になったりするのです。
・低刺激でお肌へのダメージが少ない
敏感肌の人などはわかるかとおもいますが、刺激がつよいとすぐにお肌が荒れてしまうという人がいると思います。
頭皮も当然刺激がつよい、洗浄力が強すぎることで、ダメージもうけるのです。
乾燥をしたり、ダメージをうけることで、頭皮環境は荒れて健康な髪の毛を育てる環境ではなくなってしまいます。
・適切な洗浄力
洗浄力はやや弱いともいわれていますが、洗浄力が選択制ともいわれており、不必要なものはおとしていかないということができるのです。そのため、汚れだけをおとしていくことができます。
・髪の毛にも優しい
髪の毛に潤いを与えてしっとりとした髪の毛に仕上げてくれます。

 

■アミノ酸シャンプーのデメリット
・洗浄力が少ない
人によっては洗浄力が少ないと感じるようです。明らかに皮脂が過剰なのが原因と判明している人には確かに育毛の上では向かない、デメリットが多いシャンプーになります。
・さっぱり感が少ない
アルコール系シャンプーなどと違い、脱脂力がすくないため、サッパリ感が少ないといわれています。
・髪の毛が重く仕上がる
潤い成分が多いため、しっとり目にしあがるようです。
コンディショナーやリンスをつけない、2度すすぎをするといったことで対応をする人もいるようです。
・価格が高い
一般的なシャンプーに比べて価格が高いというのは大きなデメリットと言えます。
ただ、脱毛が進んでからいろいろすることを考えた場合、予防的な意味でもアミノ酸系シャンプーはおすすめといえるようです。

プロペシアによって育毛を行いましょう

育毛を気にする人の男性のに多いのがAGAという脱毛症になります。
AGAというのは、男性型脱毛症というものになり、男性ホルモンが関与をする脱毛症になるのです。

 

・プロペシアの効果
AGAという脱毛症に効果があるのがプロペシアになりますが、どういった働きをして、どういった効能があるのかを説明していきましょう。
そもそもAGAというのは、男性ホルモンの変化によっておこります。
ジヒドロテストステロンというホルモンは、毛根に影響をあたえて、健全な髪の毛の成長を終了させてしまう働きがあるのです。そのため、AGAになってしまうとヘアサイクルは崩れ、どんどんと髪の毛が抜け落ちていくことになります。

 

プロペシアはそういった男性ホルモンのジヒドロテストステロンへの変化を阻害していくことができるということになります。その結果として脱毛、短い成長期といったヘアサイクルの乱れを終了させて、健全なヘアサイクルにしていくことで、育毛が可能になっていくのです。

 

・プロペシアの入手方法
飲む育毛剤として知られているプロペシアですが、入手方法としては本来処方されるものということになります。AGAの治療薬であり医薬品にもなるため、個人でドラッグストアで購入をするといったたぐいの薬ではないのです。
ただ、長い間飲み続けていくことが前提となる薬ですので、費用が辛い場合は個人輸入などを考えてもよいでしょう。

 

・プロペシアの効果的な使い方
プロペシアは使っていく上で、服用方法に決まりはなく、タイミングも特別指示されません。
ただ重要な点は、毎日必ず飲むことです。毎日飲むことでその効果は発揮されると思ってください。

 

また育毛方法として効果をあげていくには、ミノキシジルといった成分がはいった他の育毛剤との併用がおすすめ出来るといえるでしょう。ミノキシジルは頭頂部のAGAに効果的といわれていますので、頭頂部の育毛を考えている人には一番良い方法と言えるかと思います。

ハゲは避けられる!?

育毛剤や育毛シャンプーと呼ばれるものはたくさん売り出されていますが、効果はあると思います。
私は学生時代から、薄毛に対しては敏感で、すごく毛髪には気を使っていました。
なぜかと言うと、親戚や家族に薄毛の人がとても多かったからです。薄毛は遺伝と言いますが、間違いないと思いました。
ですから、ある程度は仕方ないとしてもヘアケアで食い止められるなら、自分なりに頑張ってみようと思いました。
薄毛の家族は皆一切ヘアケアはしていませんでした。気にならないみたいです。
ですから、きっと彼らも若いうちからケアしていれば薄毛になっていなかったかもしれませんよね。
私は大学時代から、その頃ですと不老林とかそういうシリーズの育毛剤やシャンプーを使い始めました。
その頃はまだ毛も多くてパーマも当てていて、ふさふさしていましたが、今からやっておくべきだと思ったからです。
歳を経るにつれて、やはり自分も毛の抜けるスピードは他の人よりは早かったと思います。
35歳くらいからいよいよふさふさ、という感じではなくなりました。
そこで、育毛シャンプーを使う際にはさらに工夫をすることにしました。
それは毛髪マッサージ用のブラシです。頭頂部用と、横の毛用と二つあります。
それでマッサージしながらシャンプーすることで、毛穴の汚れを完全に取り去ります。
その後、育毛剤をつけることで浸透をさらによくするというものです。
今48歳ですが、まだハゲではいません。ですから、育毛剤など、使い方によっては絶対に効果があると思います。
遺伝などもありますし絶対とはいえませんが・・・。

参考サイト

このサイトを製作するにあたり参考にさせていただいたサイトです

 

育毛パーフェクトガイド〜薄毛・抜け毛を克服〜

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ